松山淳プロフィール

松山淳

松山 淳 JUN MATSUYAMA
1968年東京都生まれ
成城大学文芸学部卒業後、約9年間広告代理店に勤務。退社後、アースシップ・コンサルティング設立。ビジネスリーダーの「笑顔」を創造するために、リーダ研修、管理職研修、講演、パーソナル・コンサルティング、キャリアカウンセリング、執筆活動など、幅広く活躍中。

◆日本MBTI協会認定ユーザー
(Japan APT 正会員)
◆日本産業カウンセラー協会認定「産業カウンセラー」
◆日本メンタルヘルス協会認定「基礎カウンセラー」


マスコミ掲載

2011年1月号「THE21」にて「デール・カーネギー」の言葉について取材を受けました。

THE21


出版

◆『「上司」という仕事のつとめ方』が韓国語に翻訳され韓国にて出版!

『上司という仕事のつとめ方』(韓国版)

 

◆2代目、3代目の社長たちが夜中にこっそり涙をこぼした物語。『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)

 

◆上司の「あるべき論」ではなく、上司の心にそっとより添った上司の心を支える『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)

『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)

 

HOME > 笑門108倶楽部セミナー

◆笑門108倶楽部のご案内

名言ワーク

アインシュタインが、こんな言葉を残しています。

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う」

この言葉を、ぱっと読んで、どう思うか? 何を考えるか? 何を連想するか?

それはもちろん、人それぞれですね。

その人それぞれが瞬間的に思うコトには、やっぱりそれなりに意味があるわけです。

上の言葉から「今何を考えるか?」3分ほど時間をとって、書いていってもらいます。

それを終えたら、また、次の名言を提示します。そして、また書いていきます。

松山淳これを次から次へと繰り返していきます。

 この、「ひたすら繰り返す」というのがポイントです。同じ作業を反復していくと、意識のバリアがだんだんとゆるみ、職場では、思ってもいなかった、気づくことのできなかった、心の中に眠る「何か」がふっと顔を出してきます。このふっと気づく「何か」が、今の「あなた」への大切なメッセージですね。

 そして、最後、自分が何を感じ、何が明確になったのかを、参加者同士1対1(ダイアローグ・ワーク)で シェアしていただきます。
 自分の気づきを自分自身の「言葉」で他者に語ることによって、自己洞察をさらに促進していきます。

これが「名言ワーク」です。

 リーダー、上司を対象としていますので、名言は、「リーダーシップ」「マネジメント」に関する言葉をご用意します。ピーター・ドラッカー、松下幸之助氏、マキャベリ、坂本龍馬などなど、人の上にたつ人が、それを見て聞いて読んで、ヒントとなる名言です。

 ひとつの名言からふっと思うコトを書くと、忙しさにまぎれて振り返ることのなかった自己への理解が深まり、今自分が抱えている課題も整理されると思います。これがまさに「自己洞察」であり、その「自己洞察」が、自分自身の「心の成長」になります。

 みなさんと、わいわい楽しく、ワークをすすめていきたいと思います。

 どうぞお気軽にご参加ください!

【プログラム】

 ・19:15-19:45 「言葉の力」講演 by 松山淳(30分)

 ・19:45-20:25「名言ワーク」(40分)

 ・20:25-20:35 「ダイアローグ・ワーク」参加同士1対1でシェア(10分)

 ・20:35-20:45 質疑応答 まとめ 

【開催概要】

  ◆開催日:2011年5月20日(金)
  ◆時 間:19:15〜20:45(90分)
  ◆参加費:3,000円(税込) ※事前に指定口座にお振り込みいただきます。 
  ◆定 員:20名
  ◆場 所:ちよだプラットフォームスクウェア 4階(402)
       〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21 TEL:03-3233-1511
       JR神田駅徒歩12分 / 地下鉄東西線竹橋駅 徒歩3分 / 地下鉄大手町駅 徒歩10分

                                >>> アクセス 

 ◆セミナー終了後、近くの居酒屋で懇親会を開催します。参加費【5,000円】

 

お申し込み

108club@earthship-c.com
   ↑↑↑
 参加ご希望の方は、上記のメールアドレスまで、以下の内容を記載してメールしてください。

   1)お名前
   2)ご連絡先メールアドレス
   3)懇親会参加するorしない

 メールが確認できましたら、参加費の振り込み先など改めてご返信をいたします。

 それでは、5月20日、お会いできることを楽しみにしております。

 どうぞよろしくお願いいたします!