MBTIセミナートップ画像
HOME >MBTIセミナー(7/5)
本セミナーは終了いたしました。

どうして、そんな風に考えるのだろう?なぜ? どうして?

 部下や同僚とコミュニケーションをとり、眉間にしわをよせ、そう思った経験は、きっと誰にでもあることでしょう。
 私たちは、生まれもった「性格」をもっています。
 その「性格」とは「心のパターン」ともいえるものです。この「心のパターン」に違いがあるために、現実のとらえ方、感じ方、つまり、認知に「差」が生まれます。

 「認知の差」は、時に、コミュニケーション上のストレスを生みだします。ストレスが蓄積されれば、人によっては人間関係がうまくいかなくなります。ストレスフルな人が増えれば、とてもギスギスした雰囲気の職場になってしまいます。

 人がもつ「心のしくみ」を理解できると、人間関係を円滑に運ぶうえでの大きなヒントを得ることができ、ストレスが軽減されていきます。
 心はりくつがわかると楽になるという法則があります。わかった!
 MBTIⓇを活用したセミナーは、人間の「心のしくみ」を明らかにしてくれます。
 ひとつのモノをみても、性格タイプの違いによって、物事のとらえ方、認知のしかたに差があることを様々なワークをとおして体感していただきます。
 本セミナーのひとつの特徴は、MBTIⓇの基本的な知識をおさえた後は、ひたすらワークにとりくむことです。

 性格タイプ別にかわれて課題にとりくみ、自己理解が深まることはもとより、自分とは違った性格タイプの人が、どのように反応するのか、どう考えるのか、どんな風に感じるのか、それらのリアクションが目の前で展開されることによって、人の「多様性」、人間の奥深さを、きっと理解できることでしょう。

 反応の「差」を実感し、職場での人間関係に照らし合わせると、「性格が違うのだから仕方ない」と無理に思い込もうとしていた「人間の多様性」がどのように生まれるのかが、はっきりとわかります。
 自分の性格的な「強み」や課題も明確になり、キャリアを形成していくうえで、これから心がけていくべきことを理解できるでしょう!
 心には、これまでわからなかったことが「わかる」と、とても楽になるという法則があります。自分のことについて洞察が深まれば、「自分らしさ」を発見し、自己承認につながり、自分に自信をもつこともできるでしょう!

MBTIとは

【MBTI®とは何か?】

・34言語に翻訳され、世界45 カ国以上の国で活用されているMBTI®は、ユングのタイプ論をベースに開発された性格検査のひとつです。検査の結果は、あくまで個人の自己理解を深める座標軸として用いられるのが特徴です。MBTI®によって導き出された結果をきっかけとして、自己理解を深めるエクササイズを繰り返し、自分がどんな心のパターンをもっているのか、それを見極めていくプロセスを重視いたします。
 より詳しくは日本MBTI協会のサイトをご覧ください。 >>> 日本MBTI協会ホームページ 

【MBTI®の活用場面】

・自己他者理解の研修、キャリア・カウンセリング、リーダーシップ開発、マネジメント開発、組織開発、チームビルディングなど、人や組織の成長を支援するメソッドとして世界的に活用されています。


 フォーチュン100社のうち、約70%の企業がMBTIを導入していると言われています。

 MBTI® MBTI® is a registered trademark of the Myers- Briggs Type Indicator Trust in the United States and other countries.

 

MBTIは、その人の「生まれもった性格」を知ろうとする性格検査

 心理学では 「キャラクター」(性格)と「パーソナリティ」(人格)を分けて考えます。 
 「キャラクター」(性格)は、その人が先天的にもっているものです。これに対して、「パーソナリティ」(人格)は、親の教育、友だちの影響、上司の教えなど、それらを通して後天的に身につけたものです。キャラクターの図

 MBTI®は「キャラクター」(性格)に着目するのが特徴です。
 「その人の生まれ持った性格がどんなものか」を知ろうとする検査です。人には、それぞれ「心のパターン」があります。その人がどんな「心のパターン」をもっているのかを見極めようとするのもMBTI®の特徴です。

 MBTI®を活用したセミナーでは、性格検査の結果をひとつの指針として、様々なグループ・ワーク(エクササイズ[演習])を繰り返し、参加者の自己理解をさらに深めていきます。
 リーダーシップは、その人に潜在している「自分らしさ」を認めることで強化されます。なぜなら、「自分らしさ」とは、リーダー自身の行動を決定する最大の「強み」になるからです。

 歴史的な偉人や名経営者など、誰かが決めたリーダーシップを実践するのではなく、その人が本来もっている「強み」を発見し、その「強み」をリーダーシップに活かしていく視点が大切です。
 「キャラクター」(性格)に着目しつつ、自分でも気づいていない「強み」をリーダー自身が意識化する。そのことも本セミナーの目的のひとつです。

セミナーへ申し込み

セミナーの効果

MBTI参考図書の表紙ハーバード大学教授(成人学習・職業発達論) ロバート・キーガン
ハーバード大学教授(変革リーダーシップ研究責任者) 
リサ・ラスコウ・レイヒー

「重要なのは、MBTIが性格の評価を目的としたものではないという点だ。性格タイプに優劣はなく、どの性格タイプにも強みと弱みがある。このような価値判断をともなわない指標を用いれば、自己防衛的発想に陥ることなく率直に自己分析ができ、性格タイプを理由にほかのメンバーを非難することも避けられる」(p246)
 「MBTIを活用すれば、自己理解を深めることを通じて、情報の発信と受信の能力を向上させ、同僚のコミュニケーション・スタイル(情報の優先順位など)に配慮して自分のスタイルを修正できるようになるのである」
(p246)

『なぜ人と組織は変われないのか ハーバード流自己変革の理論と実践』(訳池村千秋 英知出版)

 

 《MBTI受講者の声》

 経済人コー円卓会議日本委員会事務局長  
 関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科経営戦略専攻准教授 石田寛氏  

石田寛  このMBTIタイプ入門を受講して私自身が改めて気づいたことは、 日々仕事をしている仲間の人格・性格の良し悪しを決めるための判断ツールとして活用するのではなく、各自の特徴を分かり易く、しかも体系的に示して頂くことで、どのような場面で各自の本領を発揮すべきか、リーダーとしての役割が明確になったことであり、このことはとても 有益であった。  
 また、各メンバーの行動パターンのなかで、これまでなんとなく違和感をもっていたことが、MBTIタイプ入門 を通して、言語化されたり、16のタイプで見える化されたことで解消された。
 私自身、日々の業務を通して、仲間の行動で「なるほどそういう ことだったんだ!」と思い当たる節が多々あった。
 そして、このMBTIのプログラムでとても重要なことは、単に性格検査をするだけで終わるのではないことだ。
 更に参加者の理解度を増すために行われたワークショップが効果を発揮したことは間違いない。
 このワークショップなしでは、上辺だけで理解したつもりで止まっていたかもしれない。
 松山講師が、様々な事例を用いて我々参加者を深堀りしていただいたことに、参加者全員が感謝していた。  
 自分を知り、そして他者を知ることの大切さを再認識した日だった。  

・MBTIのリーダー研修を通して相手が何を重要に考えているのかが理解できるようになり、身勝手な押し付けのようなことではなく、相手にも理解してもらえる言い方や、やり方で自分の意見を相手に伝えられるようになった。
                                  (30代 印刷会社 経営者)

・自分になかった考え方、正確に言うと以前には自分の中にあって、いつの間にか失ってしまった考え方を再浮上(再発見)させてくれました。本当に心の中で「ハッ」としました。(40代 某大手化粧品会社 課長)

・つらいときや悩んだときに自分がどのような方向に逃げ込んでしまうかが、わかりました。次の課題である対処方法を自分自身で考えるのが容易になりました。(40代 大手百貨店 中間管理職)

 

セミナー概要

 【受講対象者】

  1)MBTIを初めて受講される方。
  2)MBTIのセミナーや個人セッションを過去に受講して自分のタイプはわかっているが、
    もう一度、MBTIの説明やワークを体感し、自己分析にとりくんで自己理解を深めていきたい方。

   ◆中小企業の経営者・役員(経営陣)
   ◆企業の中間管理職、マネジャー(30代、40代、50代)
   ◆カウンセラー、セラピスト、コンサルタントなど対人援助、人材育成を仕事にされている方
   ◆自分の性格的な「強み」「課題」を知りたい上司の方
   MBTIタイプ入門◆自身のマネジメント、リーダーシップ・スタイルを確立したい上司の方
   ◆自己理解、他者理解について知識を深めたい方
   ◆上司、リーダーとして職場の人間関係に悩みを抱えている方

   ※テキストは、「MBTIタイプ入門」【第6版】を使用します。
    もし、古いテキストをお持ちで今回、【第6版】を希望の方は、
    申し込みの際に、【Ctype】を選択してください。新しいテキストを当日、お渡しします。

 


セミナー風景【スケジュール】 

  ・12:40    開場
  ・13:00-13:30 講師自己紹介 性格検査MBTI の実施
  ・13:30-14:10 MBTI の概要説明
  ・14:10-14:30 MBTI 性格検査の集計
  ・14:40-17:00 グループ演習(途中休憩あり)
  ・17:00-17:30 ベストフィト・タイプの決定、質疑応答

   ☆18:00頃より参加費5,000円ていどでセミナー会場近くの居酒屋にて懇親会を開催(※参加費は、当日、徴収します)


 【開催概要】※本セミナーは終了いたしました。

  ◆開セミナー風景2催日:2014 年7 月5 日(土)
  ◆時 間:13:00~17:30(4 時間30 分)※途中休憩あり
  ◆使用テキスト:『MBTIタイプ入門』(第6版)
  ◆参加費:個人でのご参加の場合、事前に指定口座にお振込みいただきます。
       会社の「研修費」で対応される際は、請求書を発行いたします。 
   
  【Atype】:全プログラム参加:12,000 円〈税込〉(質問紙代、テキスト代込み)
        ※MBTIを初めて受講される方。
         あるいは、以前にMBTIを受けたが、もう一度あらためて、受けたい方。

  【Btype】:MBTI概要説明(13:30)から参加:6,000円〈税込〉(テキスト各自持参)
        ※以前にMBTIを受講した経験があり、テキスト【第6版】をもっている方が対象。

  【Ctype】:MBTI概要説明(13:30)から参加+MBTIテキスト(新版【第6版】)を希望:8,000円〈税込〉
        ※以前にMBTIを受講した経験があり、すでに自分のタイプはわかっているが、
         古いテキストをおもちで、新版テキスト(第6版)を希望の方です。
     
  ◆定 員:15名(残席:7)
  ◆場 所:ちよだプラットフォームスクウェア 4階(401) 
       http://www.yamori.jp/
       〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21  JR 神田駅徒歩12 分 / 地下鉄東西線竹橋駅 徒歩3 分

  ◆懇親会:セミナー修了後、18:00頃よりセミナー会場近くの居酒屋にて懇親会を開催します。
       参加費(5,000円程度)は、当日、徴収いたします。

 

講師:松山淳プロフィール

松山淳写真松山淳:リーダーシップ・スタイリスト/MBTI認定ユーザー

 1968年 東京都生まれ(45才) 
 1992年 成城大学文芸学部卒 約9年間広告代理店に勤務。
 2002年 アースシップ・コンサルティング設立。
 2003年「ビジネスリーダーへ“元氣・勇氣・やる氣”を贈る」をコンセプトに発行を開始した
 メルマガ『リーダーへ贈る108通の手紙』が好評を博す。日本経済新聞「丸の内キャリア塾」リーダーシップ特集にて紹介され、読者数は5,000名を越え、様々な業界のリーダーたちからメールが届く。
 「ビジネスリーダーの自己成長を支援し、世界の家族にたくさんの笑顔をひろげるコト」
 を使命に、経営者、起業家、中間管理職、マネジャーなどビジネスの現場で奮闘する
 リーダー層を対象とした個別相談(面談・電話・メール)、講演、リーダー研修、執筆活動など、幅広く活躍中。
 
 『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』画像【著書】  
 ・2014年『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SBクリエイティブ)
 ・2013年『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ トリックスター・リーダーシップ』(ソフトバンク新書)
 ・2010年『「上司」という仕事のつとめ方』が韓国語に翻訳され韓国にて発売
 ・2009年『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)を出版。
 ・2008年『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)

  【資格】
   ◆日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
   ◆日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。
   ◆日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー

セミナーへ申し込む

アースシップ・コンサルティング

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4  e-mail:j@earthship-c.com

グーグルマップアイコン