あなたの「生まれ持った性格」がわかるMBTI®自己分析メソッドとは

イザベル・B・マイヤーズとMBTI®

コラム124イザベル・マイヤーズとMBTI®︎

 イザベル・B・マイヤーズ(Isabel Briggs Myers)は、米国の心理学者であり、国際的性格検査MBTI®(Myers-Briggs Type Indicator)の開発者のひとり。イザベルの母親は、キャサリン・クック・ブリッグス(Katharine Cook Briggs)。MBTI®は、母キャサリンと娘イザベルの親子によって20年以上の研究を重ねて開発された。イザベル・B・マイヤーズは、小説家として活動して時期もある。イザベルの著作『殺人者はまだ来ない―マラキ・トレント殺人事件 』(光文社文庫) は、米国の出版社が主催した懸賞小説で1位を獲得している。

まっつん
まっつん

 イザベル・B・マイヤーズのキャリアにふれながら、MBTI®(Myers-Briggs Type Indicator)の開発経緯についてお話ししていきます。本コラムは日本MBTI協会の監修を受けて『人事マネジメント』(2020年五月号)に寄稿した原稿を「です・ます調」に変更したものです。一部、加筆があります。

MBTI®(Myers-Briggs Type Indicator)とは

 MBTI®(Myers-Briggs Type Indicator)という,全世界で年間約500万人(うち,米国は約200万人)が受検する,世界で最も使われている国際規格の性格検査があります。日本では,2000年に一般社団法人日本MBTI協会(www.mbti.or.jp)の設立と同時に,倫理的普及が始まり,現在まで約19万人以上が受検しています。

 自己理解・他者理解,キャリア・カウンセリング,リーダーシップ開発,チームビルディング,組織開発,エグゼクティブ・コーチング,心理臨床カウセリングなど,人の心の成長に関わる多様な場面で活用されています。管理職にMBTI® の研修受講を毎年実施している企業もあります。

 ただ,よく知られるようになるにつれ,日本でも、ネットの世界で「MBTIもどき」が増加していきました。正式なMBTI® は,有資格者(MBTIユーザー)の支援の下,原則は,対面で「フィードバック」を受けることが決められています。そうでなければ,誤った自己理解を促進してしまう危険が大だからです。

まっつん
まっつん

 「フィードバック」とは、クライアントが有資格者(MBTIユーザー)と対話をしながら自己理解を深め、最終的に、自身の性格タイプ(ベストフィットタイプ)を見い出すまでのプロセス全体を意味します。ネットにて無料で受検できるMBTI®はありません。有資格者(MBTIユーザー)の「フィードバック」が無いものは、正式なMBTI®ではありませんので、ご注意ください。


MBTI®の開発経緯

 MBTI® の開発者は,キャサリン・ブリッグス(Katharine C. Briggs 1875-1968)イザベル・マイヤーズ(Isabel B.Myers 1897-1980)です。2 人は米国人の親子です。母であるキャサリンは,1917年から伝記を研究し,独自の類型論を編み出していました。

 1923年,スイスの分析心理学者C・G・ユング『心理学的タイプ論』が米国で出版されます。ユングは,フロイト,アドラーとならび「世界三大心理学者」の1 人に数えられる人物です。

 キャサリンは自身の理論を説明するのに,ユングの「タイプ論」が有効であることを知ります。それから,キャサリンと娘のマイヤーズは,ユングの「タイプ論」を軸に,20年以上にわたり性格の観察研究を深めていきます。

 イザベル・マイヤーズが,母の研究をベースにMBTI® の開発に本格的に取り組んでいった大きな理由は,1941年に勃発した第二次世界大戦にあります。戦争は互いの無理解から多くの悲劇を生みます。多数の人々が,自身の「生まれ持った性格」を十分に活かすことなく,働いたり生活したりせざるをえなくなります。

 この事実に胸を痛めたマイヤーズは,1942年,自己理解,他者理解,相互理解を可能にする性格検査の開発を志しました。彼女の原点には社会心理学の視点がありました。

マイヤーズは独学で心理学の知識を深めた

 今でこそマイヤーズは,MBTI® の開発者として世界に名を知られていますが,その研究は当初から順風満帆だったわけではありません。彼女は大学で心理学を専攻していなかったのです。独学で,統計学や心理測定について知識を習得しました。そして,地元ペンシルバニアにある数々の学校に,検査の実施をお願いして歩いたのです。その結果,数千人規模の回答を得ることができました。

 この時期,マイヤーズは大学や研究機関など,何らかの大規模な組織から資金的援助を受けていません。支援は家族からだけでした。そうした地道な草の根の研究が10年ほど続きます。

MBTI® の有効性が認識され米国で普及

 ある時,父の紹介で医大の学部長に会うことができました。マイヤーズの父ライマン・ブリッグスは,米国の国立標準局長も務めた著名な科学者でした。その学部長が許可をしてくれ,マイヤーズは,医学生5,000人,看護婦1 万人に対してMBTI®の検査を行うことができました。

 当時,マイヤーズの活動に対して心理学者たちは冷ややかな反応を示していましたが,彼女の活動が広がっていくにつれて,理解を示す人たちが現れます。

 1962年マイヤーズは,MBTI® の質問紙とマニュアルの出版を果たします。

 この年,米国心理学会(APA:American Psychological Association)で,医学生に対する研究結果を論文にまとめ発表しています。米国人事指導協会主催のシンポジウムでも研究発表をしています。これを機に受検者の利益を第一に考えるMBTI® の有効性がより認められ,米国で広く普及していくようになるのです。


MBTI® の特徴

 MBTI® の理論では,人の性格を「生まれ持った性格」(キャラクター)「後天的に身につけた人格」(パーソナリティ)とに分けて考えます。

 MBTI® が明らかにするのは「生まれ持った性格」(キャラクター)です。16タイプに分類された性格タイプの中から,「ベストフィットタイプ」と呼ばれる自分に最もしっくりくるタイプを自分で導きます。

(左)MBTI公式テキスト (右)MBTI公式質問紙
(左)MBTI公式テキスト (右)MBTI公式質問紙

 性格検査というと質問紙に回答をし,その結果を変わらない診断結果とし,評価を下すものがほとんどですが,MBTI® はそれらの性格診断テストとは違います。

MBTI® は自己理解のプロセスを重視

 質問紙の結果(レポーテッドタイプ)をもとに,MBTI協会が認定した有資格者(MBTIユーザー)の支援のもと,エクササイズ(演習)を繰り返し,とことん自己理解を深めていくのです。この自己理解を深めるプロセスを特に重視しているのがMBTI® の大きな特徴である。

 MBTI® は「診断」ではありません。MBTI® の結果は,自己分析・自己理解をするための心の羅針盤とも呼べる「Indicator」(指標)なのです。さらにMBTI® の大きな特徴は,最終的に自分のタイプを決めるのは受検者に委ねられていることです。有資格者(MBTIユーザー)が,理論に基づいた示唆を与えることはあっても,「あなは◯◯タイプです」と決めつけることはしません。


MBTI® の実際

 MBTI® を活用した研修の基本プログラムは,大きく5 つのパートに分かれます。

MBTI® を活用した研修

  1. 「MBTI® 質問紙への回答」
  2. 「MBTI® 理論についての講義」
  3. 「MBTI® 質問紙の集計」
  4. 「エクササイズ(演習)」
  5. 「ベストフィットタイプの決定」

研修ではワークに時間を割く

 社員研修では,たいてい「エクササイズ(演習)」をグループ・ワークの形で行います。そのため,ワークを体験しながら自己分析をすることができます。この時,自分と違うタイプのグループが行ったワークの結果を目にするので,自己理解だけでなく他者理解も深まっていき,互いを理解することになります。

 イザベル・マイヤーズはこう言っています。

「そもそも人は違っているので,タイプの知見があれば,お互いの軋轢を減らし,緊張をやわらげられる。それに加えて,その知見は,お互いが違うことの価値を明確にわからせてくれる。何もかもが得意な人はいない。個人の強みを発達させることによって,また,自分の課題に焦点をあて,他の人のタイプの強みを尊重することで,私たちの人生は,誰もが皆同じと見なしてしまうよりも,毎日を楽しく,興味深く,未知なるものの探求をうながすものとなる」※ 1。

“Gift Diff ering”(Isabel Myers, Davis-Black Publishing)

 マイヤーズの遺志を実現するため,日夜,全世界でMBTI® が実施されています。日本でも,互いを理解し合い,「お互いが違うことの価値」を尊重し合い,共にパフォーマンスを高めていける職場を目指したいものです。

(文:松山 淳)


【参考文献】
『MBTI® へのいざない』(R.R.ペアマン&S.C.アルブリット 訳:園田由紀 JPP)
『エッセンシャルMBTI®』(ナオミ L.クエンク 訳:園田由紀 JPP)

※ 1 “Gift Diff ering”(Isabel Myers, Davis-Black Publishing)より訳出。

MBTI® MBTI® and Myers- Briggs Type Indicator is a registered trademarks of the Myers- Briggs Type Indicator Foundation in the United States and other countries.


自己分析 by MBTI®(個人セッション:3時間)Zoom対応可!

 世界で活用される性格検査で「生まれ持った自分の性格」を知り、自己理解・他者理解を深める。オンラインも可!

国際的性格検査MBTI公式テキスト・質問紙
国際的性格検査MBTI公式テキスト・質問紙

 国際的性格検査MBTI®を使用しての自己分析セッションです。MBTI®は、深層心理学者ユングの理論がベースになっており、世界の企業が人材育成のために導入しています。その人の「生まれ持った性格」を浮きぼりにするのが特徴です。自分本来の「強み」を知ることができ、自己肯定感を育むことができます。

オンライン・セッション 対面セッション