性格検査MBTI®︎を活用した自己分析「オンライン個人セッション」

人生を切りひらく「夢分析」入門セミナー

人生を切りひらく夢分析入門セミナー(オンライン)のアイキャッチ画像

まっつん
まっつん

◆セミナー開催日時:2022.5/25(20:00-21:30) ◆参加費:3,000円 
 私は心理カウンセラーとして、15年以上に渡り、自分の夢を記録してきました。夢分析で大切なことは、夢分析の解釈の正確性ではなく、夢からシンプルにメッセージを受け取ることです。それなら、誰でも独りでできます。そのシンプルな方法を本セミナーでお伝えします。
 このセミナーに参加すると、「夢分析オンライン個人セッション」(60分/5,000円)1回無料で受けることができます。「夢」に興味のある方、ぜひ、ご参加ください。

「夢」には人生を変える力がある。

「夢においては、だれもが自分自身のシェークスピア」 
哲学者ショーペン・ハウアー

夢は、自分で書いた自分への手紙。
夢は、私たちがよりよい人生を歩めるように、アドバイスしてくれます。
夢は、人生の「つまずき石」に気づくように、忠告してくれます。
夢は、意識と無意識にバランスをもたらし、心を健やかにしてくれます。 
夢は、正反対の自分を受け入れるように促し、人格を高めてくれます。

 時には、怖い夢も見ます。でも、その夢にも何か意味があります。

 例えば、「自分が死ぬ夢」を見た時、決して目覚めはよくありません。ですが、「死」は「再生」を意味し、飛躍的な自己成長をとげる人生の転換点で見ることが多いのです。

 「終わる」ことは、常に何かの「始まり」です。自分の中で死ぬものがあり、初めて生まれ出てくるものがあります。それが「生きながら、生まれ変わること」=「再誕」です。

夢は私たちの味方。

 そんな風に、夢は大切なことを伝えてくれていて、いつでも私たちの味方です。

 自信を失っていたら「もっと自信を持っていいよ」と励ましてくれますし、天狗になっていければ「そのままではいつか痛い目に合うぞ」と先回りして忠告してくれます。

 まるで未来が見えているかのようです。実際、予知夢もあります。

夢を見ている人のイメージイラスト

 夢のメッセージを上手に受け取ることは、頼もしい参謀を抱えるようなもので、私たちのウェルビーイング(よりよい人生を生きているという感覚)を高めてくれます。

 そこで本セミナーでは、ユング心理学の「夢分析」に関する基本的な知識を学び、誰でも簡単にできる「夢からメッセージを受け取る方法」をお伝えします。

ユングの夢分析
〈夢には何らかの目的がある

 本セミナーでは、分析心理学者ユングの夢分析の知識をベースにします。ユングはフロイト、アドラーに並ぶ「世界三大心理学者」の一人であり、夢分析を重視した人です。

『ユング 夢分析論』(みすず書房)
クリックするとAmazonへ!

ユングはの夢分析は、目的論。

 ユングは、『ユング 夢分析論』(みすず書房)の中で、「夢とは無意識的なこころの活動の直接的な表現です」(p5)と書き、夢を「無意識からのメッセージ」と考え「目的論」の立場をとりました。

 夢の「目的論」とは、「〜のためにその夢を見た」と考えることです。そして、夢を見た時に、次のように問い、考えを深めることをユングはすすめています。

ユング
ユング

「何のために、この夢を見たのか?」

 夢には伝えたいメッセージがあるのです。その人が大切なことに気づいていないので、何らかのメッセージを伝えるために、人は夢を見るのです。

 この「夢のメッセージ」に焦点を絞ることで、夢分析はとてもシンプルになり、セルフ・ワークとして、誰でも気軽にできるものになります。

 では、その方法をお伝えします。

夢分析セルフ・ワーク

 夢分析セルフ・ワークの基本として次の3つが挙げられます。

  1. 連想法:「夢」に登場した要素(人、生き物、モノ)から連想することを言葉にする。
  2. スケッチ法:「夢」を絵に描く。
  3. 対話法:「夢」に登場した要素(人、生き物、モノ)と対話をする。頭の中で対話を試みるイメージ式とペンを使い文字に書く記述式がある。

 「ユング 研究所」で学んだ心理学者アーノルド・ミンデル(プロセス指向心理学の創始者)は、ユングの理論を発展させ、様々な「夢のワーク」を開発しています。ミンデル博士は、無意識からのメッセージをとらえようとする時、連想法による言葉での解釈より、心と体に起こる「繊細な感覚」(Sensitive senses)をより重視しました。

 ミンデル博士の観点と3つの基本ワークを組み合わせたのが、今回、ご紹介する誰でも独りできる「まっつん流シンプルな夢分析ワーク」です。

まっつん流シンプル夢分析ワーク(10分)

Step1:【スケッチ】夢の絵を簡単描く。(3分)

Step2:【連想】印象的な夢の要素をいくか選び連想ワードを書き込む。(5分)

Step3:【選択】最もインパクトがあった夢の要素をひとつに絞る。

Step4:【同一化】60秒間深呼吸し、心を静め、イメージしながらStep3の要素になりきる。(1分)

Step5:【メッセージ】「伝えたいことは何ですか?」と問い、第一声を書き留める。 (1分)

 以上、6つのステップを10分程度で終えます。じっくり考えることはせず、直観を頼りに次から次へと書き進めていくのがポイントです。

 Step4:【同一化】の「〜になりきり考える」思考法は、「心理的柔軟性」(Psychological flexibility)を高める「視点取得スキル」です。「視点取得スキル」は、昨今、心理セラピーの分野で注目されている ACT「アクセプタンス&コミットメント・セラピー」(Acceptance and Commitment Therapy)でも、重視されるスキルです。 

 時間に余裕があれば、第一声を起点にして【対話】をしてみます。【対話】をすると、さらに大切なメッセージを受け取ることになるでしょう。

事例1 男性50代 先々に迷いがある時に見たクジラの夢

2021.11/30 くじらの夢
まっつん
まっつん

 このスケッチは私の夢です。12月が始まろうとして、来年のことも考え始め、「最近、仕事がマンネリ化しているかな〜」と迷いがあった時です。夢に、大きなクジラが現れました。岸にいた私はあまりの恐ろしさに逃げ出し、展望デッキからクジラを眺めていました。目覚めた時には、強い「恐れ」の感覚があり、どちらかといえば「悪い目覚め」です。でも、クジラになりきって出てきた第一声は「もっと自信を持て!」でした。「海」は「無意識」を、「岸」は「自我意識」の領域を象徴しています。そこにちっぽけな自分がいます。でも無意識は「悠然と泳ぐ大いなる存在」=「クジラ」を私に見せることで、「もっと自信を持て!」と励ましのメッセージをくれたのです。今もこのクジラをイメージすると、ゆったりとした気分になれます。

夢分析セルフ・ワーク 3つのポイント

  1. ざっくり:解釈の正確性を追い求めず、メッセージの受け取りを優先する。なぜなら、もし、解釈が間違っていたとしても、夢は違った夢を見せてくれて、誤りを訂正してくれるから。夢分析は、いくつもの夢を比べて、流れを見ることも大事。
  2. さくっと:短い時間で、直感的に書いていく。考え過ぎないことで無意識との連携を図る。
  3. 楽しんで:楽しもうとすることで心が活性化され夢分析の結果をポジティブに受け取れる。

特典:「夢分析」オンライン個人セッション(60分)

まっつん
まっつん

 本セミナーにご参加いただいた方に限り、無料にて「夢分析」オンライン個人セッション(60分)を受けることができます。「独りだとうまく夢のメッセージを受け取れない」「夢分析をしながら悩みを聴いて欲しい」など、ご相談したいことがあれば、どうぞ気軽にお申込みください。

 セミナー終了後、希望日時(土日除く 9:00〜24:00の間)を3つ書いて、以下のアドレスまでメールしてください。

夢分析個人セッション 申し込みメール

  このような方におすすめ

  • 自分の「夢」を分析することに興味がある。
  • 夢分析して自分の深層心理について理解したい。
  • 「夢」からメッセージを受け取り、今後の人生にいかしていきたい。
  • 簡単にできる夢分析の「セルフ・ワーク」を習得したい。
  • くりかえし何度も見る「夢」があり、気になっている。
  • 悩みを抱えているので「夢分析」からヒントを得たい。
  • ユング心理学に興味がありユングの夢分析について知りたい。

セミナー・コンテンツ by Zoomd(90分)

【1】講師挨拶(5分)

講義『ユングと夢分析の基礎知識(65分)
 1)ユングについて
 2)なぜ人は夢を見るのか? 意識と無意識の相補性
 3)「何のためにこの夢を見たのか?」と問う。 
 4)夢の種類:「補償夢(逆補償夢」「展望夢」「反復夢」「予知夢」
 5)夢に登場するキャラクター:「影」「アニマ・アニムスとペルソナ」「老賢人」

夢分析セルフ・ワーク(20分)
 1)セルフ・ワーク解説:「連想法」「スケッチ法」「対話法」
 2)セルフ・ワーク実施(自分の夢を分析する)

◆質疑応答:自由参加

※ 終了後の質疑応答へのご参加は自由です。
※ リアルタイムの講演形式です。セルフワークだけでグループワークは行いません。リラックスしてお聞きください。
※本セミナーは Zoomを使います。ビデオはOFFのままでも結構です。
※時間が延長することもありますので、時間に余裕をもってご参加ください。

 開催日時/参加費/お申込み方法

  •  セミナータイトル:「自分の深層心理を知る「夢分析」入門セミナー」
  •  開催日時2022年5月25日(水)20:00-21:30(90分)
  •  受講費3,000円(税込)
  •  開催形式:オンライン(Zoomを使用)

お申込み方法は、以下、2つあります。

 1)イベント・コミュニティ運営システムの「Peatix」(ピーティックス)。
 2)「メール」にて直接、申し込む。

「Peatix」から申し込む

  • セミナー参加のお申し込みについて、イベント・コミュニティ運営システムの「Peatix」(ピーティックス)を活用しています。「Peatix」に会員登録の上、規約に従い、ご予約・参加費のお支払をされてください。
  • 以下、開催日時のリンクをクリックすると、「Peatix」の予約ページが開き、お申込みできます。
  • 「Peatix」でお申し込みが完了すると、「イベント視聴ページ」の案内メールが届きます。案内メールの説明に従い「イベント視聴ページ」に移動し、「イベントに参加」ボタンを押すと「Zoom」にログインでき、セミナーに参加できます。
夢分析セミナーのPeatixno案内画像

*参加希望日のボタンをクリックすると「Peatix」の予約ページが開きます。

2022.5/25(水)20:00〜21:30【夜】

 

講師 プロフィール

松山淳プロフィール写真

早稲田大学LRC(Life Redesign College)講師
瞑想セラピスト/心理カウンセラー/研修講師
松山淳(JUN MATSUYAMA)

 1968年東京生まれ。成城大学文芸学部卒。瞑想歴15年
 先祖代々〜曽祖父、祖父ともに「禅僧」であり、瞑想とつながり深い家庭環境に育つ。中学生時代に瞑想技法のひとつといえる「自律訓練法」に出会い生活習慣とする。
 成城大学卒業後、1992年JR東海エージェンシー入社。2000年に退職。2002年アースシップ・コンサルティングを創設。独立を機に瞑想体験を深めていく。
 2010年 深層心理学者ユングの性格類型論をベースにする国際的性格検査「MBTI®」 の資格を取得し、「アマゾン・ジャパン」「楽天」「パナソニック」など大手企業を中心に社員研修を行う。この頃より、研修プログラムの一環として瞑想を指導。2011年、東日本大震災を契機に「フランクル心理学」への造詣を深める。
 同年、Facebook-Page『リーダーへ贈る人生が輝く言葉』の運営開始。フォロワー数は、11,000名を超える。
 2016年4月〜2019年3月 産業能率大学(情報マネジメント学部・経営学部)で兼任講師を務め、授業の冒頭で瞑想を学生に指導する。2020年YouTubeチャンネル「君へ贈る言葉」を開設。2021年ナチュラル・メディテーション・ジャパンの主宰活動を開始。

【著書】『君が生きる意味』(ダイヤモンド社)(中国、ベトナム、台湾、三ヶ国での翻訳決定)、『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SBクリエイティブ)、『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ トリックスター・リーダーシップ』(ソフトバンク新書)『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)、『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)

松山淳の作品の表紙画像

まっつん
まっつん

「夢分析」を個人的に受けてみたい方は、リンクをクリックして案内ページよりお申込みください。オンライン(Zoom)にて、夢分析個人セッションを行なっています。
「夢分析オンライン個人セッション」(50分)