あなたの「生まれ持った性格」がわかるMBTI®自己分析メソッドとは

チームビルディング研修

チームビルディング研修TOPイメージ画像

優れたチームは「心理的安全性」が高い!

 「心理的安全性」(psychological safety)というコンセプトが注目されています。

 グーグルの社内調査「プロジェクト・アリストテレス」で、生産性の高いチームほど、「心理的安全性」(psychological safety)」の高いことが、明らかにされました。

 調査では5つの特性が明らかにされましたが、「心理的安全性」(psychological safety)は、最も大事だと言われています。

 「心理的安全性」(psychological safety)とは、「チームメンバーがリスクをとることを安全だと感じ、お互いに対して弱い部分もさらけ出すことができる」google re:work)心理状態です。

 グーグルの人材開発に携わっていたピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、「心理的安全性」をわかりやすく説明しています。

心理的安全性(psychological safety)
『心理的安全性とは、端的に言えば、「メンバー一人ひとりが安心して、自分が自分らしくそのチームで働ける」ということ。「自分らしく働くとは、「自己認識・自己開示・自己表現ができる」ということです。』
『世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法 』(朝日新聞出版)

 このグーグルの調査結果を受けて、日本企業においても、チーム力向上を意図した「心理的安全性」を高める様々な取り組みが行われています。

 そこで、本研修では世界の企業がチームビルディング研修で活用するMBTI®自己分析メソッドを活用していきます。

チームメンバーの「自分らしさ」を互いに理解するMBTI®

 国際的性格検査MBTI®は、世界各国のチームビルディング研修で活用されています。

 MBTI®は、グループワークを行いながらチームメンバーの性格タイプを浮き彫りにします。このワークでは、自然と協働(コラボレーション)が発生するため、チームビルディング研修に適しています。

グループワーク・イメージ画像

 職場(チーム)で「心理的安全性」が低いのは、コミュニケーションが不足し、お互いをよく知らないまま働いているのが原因です。

 MBTI®自己分析メソッドを活用するプログラムは、多様なグループワークを通して、「自己認識・自己開示・自己表現」をしながら互いを知ることができるため、チームに「心理的安全性」(psychological safety)をもたらします。


MBTI® MBTI® and Myers- Briggs Type Indicator is a registered trademarks of the Myers- Briggs Type Indicator Foundation in the United States and other countries.

日本MBTI協会(Japan MBTI Association)


チームビルディング研修 プログラム(7.5時間)

 本チームビルディング研修では、MBTI®自己分析メソッドによって、互いの性格タイプや「強み」「弱み」を理解した上で、チーム・ビルディング・ワークを行います。

 最終的に、自分の「性格タイプ」「強み」「弱み」「こうされるとモチベーションがあがる、さがる」などを記入した「私のトリセツ(私の取扱説明書)」を発表し、チームメンバーをさらに互いに理解しあいます。

(左)MBTI公式テキスト (右)MBTI公式質問紙

1日研修 -7.5時間(9:30〜18:00)

研修概要
🔸対 象:部署単位のチーム、プロジェクト・チーム、支店・店舗メンバーなど
🔸受講者数:5名〜15名程度 
🔸研修費:
 ・講師料:300,000円(税抜)
 ・MBTI質問紙代:1,500円(税抜)×人数分
 ・MBTIテキスト代:2,000円(税抜)×人数分
9:30
イントロ(30分)
講師自己紹介/研修概要説明/アイスブレイク
10:00
MBTI®質問紙への回答(30分)
講師より回答の仕方の説明を受け、MBTI®質問紙に回答する。
10:30
MBTI®の基本的知識【講義(50分)】
MBTI®で理論化されている「内向」「外向」などの性格や心の機能に関する心理学的知識を習得する。
11:30
MBTI®質問紙集計(30分)
回答した質問紙を集計し自身の性格タイプを導き出す。
12:00
昼休み(60分)
各自、ランチタイム、休憩
13:00
MBTI®エクササイズ(150分)
各性格タイプに分かれてグループワークを行う。スライドに出された質問に対してグループで答えを出していく。
15:30
ベスフィットタイプ決定/補足説明(30分)
テキストを読みベストフィットタイプを最終的に決定する。テキストをベースにMBTI®について補足説明
16:00
チームビルディング・ワーク(60分)
「ストロータワー」や「マシュマロ・チャレンジ」などのグループ・ワークに取り組む。
17:00
「私の取説(トリセツ)」個人発表(50分)
研修で学んだことをふりかえり、「私の取説(トリセツ)」を個人発表する 。

「私の取扱説明書」の画像
17:50
質疑応答(10分)
研修での疑問点について質疑応答
18:00
終了

MBTI®掲載文献

エディー・ジョーンズ「コーチングとは信じること」表紙画像

元ラグビー日本代表監督 エディー・ジョーンズ

 2015年ラグビーワールドカップで、日本代表は世界の強豪南アフリカを撃破した。
 そのラグビー日本代表を率いた「エディ・ジョーンズ」ヘッドコーチ(監督)は、NFL(アメリカン・フットボール)でのMBTI活用事例を知り、社会人ラグビー「サントリー」の監督時代、チームづくりの一環としてMBTIを活用していた。

『コーチングとは「信じること』(生島淳 文藝春秋)

 

「なぜ人と組織は変われないのか」表紙画像

ハーバード大学教授 ロバート・キーガン
ハーバード大学教授リサ・L・レイヒー

「重要なのは、MBTIが性格の評価を目的としたものではないという点だ。性格タイプに優劣はなく、どの性格タイプにも強みと弱みがある。このような価値判断をともなわない指標を用いれば、自己防衛的発想に陥ることなく率直に自己分析ができ、性格タイプを理由にほかのメンバーを非難することも避けられる」

『『なぜ人と組織は変われないのか ハーバード流自己変革の理論と実践』(訳池村千秋 英知出版)

研修講師《松山 淳》略歴

松山淳 (JUN MATSUYAMA)

 1968年東京都生まれ 成城大学文芸学部卒業後、JR東海エージェンシー(広告代理店)に勤務。退社後、アースシップ・コンサルティング設立。大手から中小企業まで官民問わず多様な組織で研修を行う。産業能率大学(経営学部・情報マネジメント学部)にて3年間、兼任講師を務める。講演、コーチング、カウンセリング、執筆活動など、幅広く活躍中。

 ◆日本MBTI協会認定MBTIユーザー (Japan APT 正会員)
 ◆日本メンタルヘルス協会認定「基礎カウンセラー」

著作
🔸『君が生きる意味』(ダイヤモンド社)
🔸『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SBクリエイティブ)
🔸『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ トリックスター・リーダーシップ』(ソフトバンク新書)
🔸『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社
🔸『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
松山淳の著作画像

研修実績

アマゾンジャパン/パナソニック/楽天/レノボ・ジャパン/NECフィールディング/日本臨床工学会(特別講演)/国立熊本大学(体育会本部)/コロプラ/杉並区役所/トリンプ・インターナショナル・ジャパン/カブドットコム証券/サザビー・リーグ/市光工業/ヒロセ/東広島青年会議所(JC)/高崎青年会議所(JC)/経済人コー円卓会議事務局/三鱗印刷/東京商工会議所 / 国立大学(管理職職員向け) / 地方自治体/財団法人海外産業人材育成協会(ベトナム人経営者対象)/三井住建道路 / 大成ロテック /コープ静岡/茨城県信用組合/ヒロセ・タイランド(バンコク) ほか多数

お問い合わせ

 本チームビルディング研修についてご質問があれば、何なりと気軽にお問い合わせください。プログラムや研修時間、ご予算など、フレキシブルに対応しております。

 ご説明が必要であれば、御社までお伺い致しますので、ご希望の日程をお知らせください。どうぞよろしくお願いいたします。

 🔸メール:jmatsu@earthship-c.com
 🔸お電話:03-6456-4341

 アースシップ・コンサルティング 代表 松山 淳