あなたの「生まれ持った性格」がわかるMBTI®自己分析メソッドとは

サーバント・リーダーシップとは

リーダーシップコラム004 サーバント・リーダーシップ

 「サーバントリーダーシップ」とは、リーダーがフォロワーに奉仕することで「信頼」を獲得し、その「信頼」を源泉として発揮されるリーダーシップのことである。「奉仕型リーダーシップ」「支援型リーダーシップ」と呼ばれる。提唱者はロバート・K・グリーンリーフ(Robert・K・Greenleaf)。日本で着実に広まるサーバントリーダーシップについて解説する。

サーバント・リーダーシップの始まり。

 キリストが弟子たちの足を洗った。

 これは「最後の晩餐」でのエピソードです。「洗足式」と呼ばれる儀式となり、今も行っている教会があります。

 キリストは、ヨハネ、ペテロ、ヤコブなど十二使徒の弟子を率いるリーダーでした。そのリーダー自らが、膝まづき足を洗ったのです。当時、足を洗うのは召使いなどの身分の低い者の仕事でした。リーダーが「足を洗え」と弟子に命令したのではなく、自らが「奉仕の精神」を発揮して召使いの仕事をしたのです。
 
 こうしたキリスト教の「奉仕の精神」が根付くアメリカから、「サーバント・リーダーシップ」が生まれてくるのは自然なことかもしれません。

 今回の記事のメインテーマである、サーバント・リーダーシップは、「奉仕型リーダーシップ」「支援型リーダーシップ」と訳されます。

《サーバントリーダーシップ》
⬇️
奉仕型リーダーシップ
支援型リーダーシップ

 サーバント(Servant)の意味は、日本語では「召使い」「使用人」です。「サーバント」に「リーダーシップ」という対立する言葉がつくことで、サーバント・リーダーシップは、逆説的な意味合いを強めています。

 私はサーバント・リーダーシップを、こう定義しています。

サーバントリーダーシップとは

リーダーがフォロワーに奉仕することで
「信頼」を獲得し、
その「信頼」を源泉として
発揮されるリーダーシップ

サーバント・リーダーシップの提唱者

サーバント・リーダーシップの提唱者は、元AT&T(米国の大手通信会社)マネジメントセンター所長のロバート・K・グリーンリーフ(1904-1990)です

 彼はAT&Tに40年間勤務。その後、第2の人生として25年間、オハイオ大学、マサーチュセッツ工科大学、フォード財団、リーダー財団など、様々な組織にコンサルティングを行いサーバント・リーダーシップの啓蒙に尽くしました。

 1964年に「応用倫理学センター」を創設し、これがサーバント・リーダーシップの啓蒙拠点となります。「応用倫理学センター」は、1985年に「ロバート・K・グリーンリーフ・センター」と改称され、グリーンリーフ亡き今も、活動は継続されています。

サーバント・リーダーシップの提唱者ロバート・K・グリーンリーフ
ロバート・K・グリーンリーフ
(Robert・K・Greenleaf)

 グリーンリーフが、1970年に書いた『リーダーとしてのサーバント』という小論で、初めて「サーバント・リーダーシップ」という言葉が使われました。この小論が「サーバント・リーダーシップ」の始まりです。

サーバント・リーダーシップの原点

 彼は、敬虔なクリスチャンでしたので、「奉仕の精神」に基づく行動は、日頃から心がけていたことだったでしょう。

 そんなグリーンリーフが、「サーバント・リーダーシップ」の発想を得たのは、米国の小説家ヘルマン・ヘッセが書いた『東方巡礼』です。『東方巡礼』のあらすじは、こんな感じです。

ヘルマン・ヘッセ全集〈第10巻〉新潮社 (1957)
ヘルマン・ヘッセ全集〈第10巻〉
新潮社 (1957)
 物語の語り部である主人公H・Hは、ある結社に所属していた。音楽家であったHは、ある日、その結社が計画する「東方巡礼」の旅に出ることになる。それは、鉄道や飛行機などを一切使わず世界を巡り、過去・現在・未来を行き来するような魔術的な旅であった。

 旅行の一団にレーオという「召使い」がいた。荷物運びや旅を指揮する「代弁者」の個人的な用をこなしたりしていた。レーオは陽気で親切で、かといって目立つことがなく、押しつけがましくない人をひきつける魅力をもっていた。だから誰もがレーオを愛していた。
 
 ところが、レーオは、モルビオ・インフェリオレ(「死の病」を意味する)の危険な峡谷で姿を消してしまう。皆でレーオを探したが、見つけることはできなかった。
 
 やがて旅団のメンバーは、「結社の証書」のことで言い争うようになり、信頼関係が崩れていく。Hは疑惑にかられ、旅をする気力を失い旅団から離れる。「東方巡礼」の旅は失敗に終わった。Hは結社から脱走した裏切り者となってしまう。

 その後、Hは幻のような記憶となった「東方巡礼」の出来事を記録に残そうとする。だが、うまくいかず苦悩している時に、相談に乗ってもらおうと作家のルカスを訪ねる。ルカスはHがあまりにレーオにこだわっていたため、からかい半分、手元にあった住所録を適当に開いて「レーオ」という名を指さし笑った。「ここにもうちゃんとレーオという人がいる」と。
 
 Hがその住所を尋ねてみると、その「レーオ」は、東方巡礼に同行したあの「レーオ」だった。そしてHは、結社のトップである最高幹部が、実は「レーオ」だと知ることになる…。

 最高幹部(トップ・リーダー)が、わざわざ「召使い」となって、旅するメンバーに奉仕していたのですね。『東方巡礼』で、レーオは「奉仕の法則」について、こう言っています。

「長く生きようと欲するものは、奉仕しなければなりません。支配しようと欲するものは、長生きしません」

『東方巡礼』(ヘルマン・ヘッセ全集〈第10巻〉新潮社)p219-220

 グリーリーフは、『東方巡礼』で描かれた「リーダー(最高幹部)がサーバント(召使い)であった」逆説的な点をとらえて、「サーバント・リーダーシップ」の本質を語っています。

『サーバント・リーダーシップ』(英知出版)
『サーバント・リーダーシップ』(英知出版)
クリックするとAmazonへ!
グリーリーフ
グリーリーフ

私にはこの物語がはっきりとこう語っていると思われる。「優れたリーダーは、まずサーバントと見なされる」、と。この単純な事実こそ、レーオの偉大さの鍵となっている。実を言えば、レーオはずっとリーダーだったが、そもそもサーバントだった。なぜなら、それが彼の生来の姿だったからだ。生まれつきサーバントとしての資質を備えた人に、リーダーシップが授けられたということである。

『サーバント・リーダーシップ』(英知出版)p45

 グリーンリーフは、リーダーの資質を、生まれ持って「サーバント」的な精神を備えた人だと言っています。そんな人にリーダーシップが授けられるのだと。

 キリスト教的な「奉仕の精神」が根付く国はよいのですが、日本人の多くは、キリスト教を信仰しているわけではありません。「サーバント・リーダーシップ」を受け入れてもらうことは、時に困難を極めます。

 「サーバント」(召使い)という言葉が、どうにもこうにも、抵抗感のある人がいるのです…。

1 2 3 4 5