あなたの「生まれ持った性格」がわかるMBTI®自己分析メソッドとは

自責と他責|自責思考の人は成長する

コラム63自責と他責相アイキャッチ画像

 「自責思考」とは、自分の行動による結果は、自分に責任があると考える思考法である。「他責思考」とは、自分の行動による結果は、他人に責任があると考える思考法である。自責思考と他責思考はどちらがいいのか。自責と他責について考えてみます。

まっつん
まっつん

 新型コロナウイルスの影響で大変な時です。本コラムの「転載・引用」に許可はいりません。お役に立ちそうであれば、どうぞ自由に使ってください。力をあわせて乗り越えていきましょう!


適度な他責思考は必要なもの

 日本でも、たびたび天体ショーが繰り広げられます。「次見られるのは、10年後、100年後」。そう言われると希少価値を感じて、何とか見ようと多くの人が空に目を向けます。

 でも、必ず見られるわけではありません。空に雲がかかっていたら、雲の上にいかない限り、無理ですね。

まっつん
まっつん

 以前、私も皆既月食を観られなかったことがありました。ちょうど曇っていて、「仕方無ないか」とあきらめたのです。 でも、どうしても観たければ、場所を移動することで、 天体ショーを楽しむことはできました。

 マニアの人たちは、最高のコンディションで見るために、北は北海道から南は沖縄まで移動します。海外に行く人もいます。

 私の場合も、家の上に雲がかかっていた程度で、車で5分も走れば視野が開けた公園があり、そこに行けば見られた可能性はあります。

  「雲のせい」にして、簡単にあきらめるのではなく、他にとる手段はあったわけです。でもまあ、「雲のせい」にしておけば、 わざわざ行動を起こさずにすみますので、楽は楽です。

他責思考は自分を守るため

 そんな風に、行動しない自分を正当化する時、自分の責任を自分以外の何か(誰か)に押しつけるのは、心理的防衛策の常套手段です。

 楽であるとか、傷つかないとか、何らかの心理的メリットがあるので、私たちは、自分を守ろうとして防衛策をとります。これが「他責思考」の正体です。

 長い人生、いろいろとありますから、自分の心を守るために、適度な他責思考は必要なものです。何もかも自分の責任だと考えるのは、逆に健康的ではありません。

自己否定さん
自己否定さん

 「全部、私が悪いんです、私が全ていけないんです!」

 そんな過度の「自責思考」では、自己否定傾向が強くなり、結果的に、メンタルに悪影響を及ぼします。それは避けたいものです。

 ただ、「自己正当化」することに心を奪われ、自分を守ることに必死になり、他人のアドバイスに耳を貸さなくなってしまうような「他責思考」は、やっぱり困りものです。


自責思考が人を成長させる

他罰さん
他罰さん

「私は悪くない、あの人が悪い、その人が悪い、会社が、この社会が、この世界が悪いんだ」 

 そんな極端な「他責思考」は、狭い世界に自分を閉じ込め、自己成長をとめてしまう要因になります。

 第34回吉川英治文学新人賞を受賞したことのある小説家伊東潤氏が、「自責と他責」についてビジネスマンだった頃の体験とからめて、文にしています。とても参考になるお話しなので、ご紹介します。

 あるAというIT企業の営業マンが、提案コンペで他社に負けてしまいました。Aはクライアントから他社のほうが提案内容がよかったとフィードバックをもらいます。
  
 しかし、Aは「見積もりの金額で負けた」のだと、クライアントからの言葉を受けいれません。会社に戻っても、上司に「金額のせいだ」と報告します。
   
 上司はクライアントに会い、提案内容の差だということを改めて確認しました。金額は他社のほうが高かったのです。「企画の差だ」と上司は言いますが、Aは認めようとしません。

 それを境にAの売上は頭打ちとなり、優秀な営業と評価されていましたが、

 「何事も他責で考えるという癖が抜けず」
 
凡庸な営業マンになっていってしまいました。

『日本経済新聞「プロムナード」』
(2014.10.2付夕刊)より

 実は、凡庸な営業マンになってしまった「A」とは、伊東氏ご自身のことなのです。

 なんだか耳の痛い話で、でも、痛いがゆえに、すばらしい教訓を含んだお話です。

 伊東氏の上司が他部署へ異動になる時、営業マン「A」に、つまり伊東氏に「自責の大切さ」を伝え去っていったそうです。

「何事も他責にすれば、その時は楽になる。
 しかし、そこで成長は止まる。
 何か挫折があるたびに自責で考えると、人は成長する。」

 

        『日本経済新聞「プロムナード」』(2014.10.2付夕刊)

 伊東氏は、発表した作品が初版で終わっても、つまり、ベストセラーとは程遠い結果になっても「自責」のスタイルを守り続けていました。

 他の作家は、自分の本が売れないと、出版社に対して「もっと宣伝してくれ」とか「もっと本屋に営業をしかけてくれ」と、要求してくるそうです。つまり、「売れない理由」を、他の何か(誰か)に求める「他責思考」になってしまう作家が多いそうです。

 でも、伊東氏は、サラリーマン時代の教訓を忘れず、「売れないのは自分の責任」という姿勢を崩さないので、ある編集者から「伊東さんは自分の責任だと思うのですね」と、言われたことがあったそうです。

 これは伊東氏が健康的な自責思考をもっている証といえます。

 伊東氏は文壇にデビュー後、良作を発表しつづけ着実に作家として成長し、何度も直木賞候補になっています。


健康的な「自責思考」をもつ

 「自責思考」とは、結果が出ない時に、何でもかんでも、「自分の責任だ」と、自分を責めるたてることではありません。「全て、自分が悪いんです」と、自分の世界に閉じこもってしまうことではありません。

まっつん
まっつん

 健全な「自責思考」だからこそ、他者に相談したり、他人からの助言を受けいれたりできます。外の世界に開かれていてこそ「自責」のスタイルは、有効に作用するのです。

 結果が出ない時、「悪いのは自分ではない」「他の人が悪い」と、「他責思考」だと楽です。でも、そんな「他責思考」では、状況が悪化している真の原因から目を背けたり、他人からの良いアドバイスをもらうチャンスを失いがちになります。問題をより難しくしてしまいます。

外の世界に開かれた「自責思考」

 これが健康的な「自責思考」ですね。自分の責任だと自覚しつつ、状況をよりよく変化させるために、心を大きく開いて他人からのアドバイスに耳を傾ける。そんな健康的な「自責思考」が、人を大きく成長させるのです。

(文:松山 淳)


自己分析 by MBTI®(個人セッション:3時間)Zoom対応可!

「生まれ持った自分の性格」を知り、自分軸を確立する。オンラインも可!顔出しNGの方もOK!

国際的性格検査MBTI公式テキスト・質問紙
国際的性格検査MBTI公式テキスト・質問紙

 世界の企業がリーダーシップ開発で活用する国際的性格検査MBTI®を使用しての自己分析セッションです。MBTI®は、深層心理学者ユングの理論がベースになっており、世界の企業が人材育成のために導入しています。その人の「生まれ持った性格」を浮きぼりにするのが特徴です。自分本来の「強み」を知ることができ、本当の「自分らしさ」を理解することができます

MBTI®︎オンライン・セッション 対面セッション