あなたの「生まれ持った性格」がわかるMBTI®自己分析メソッドとは

劉邦が天下をとれた理由

劉邦が天下をとれた理由

 時は、はるか昔の中国でのお話し。紀元前221年、中国全土を初めて統一したとされるのが秦の始皇帝です。しかし、秦の統一期間は、わずか15年足らずでした。

 秦を滅亡においやったのが「劉邦」「項羽」です。

 「劉邦」が天下をとり、彼がつくりあげた漢王朝は、その後、前漢後漢あわせて、なんと400年余りつづくことになります。

 これからお話しすることは、漢王朝を興した「劉邦」のお話しです。


劉邦のエピソード

 ある日、「劉邦」が、家来にこう尋ねました。

劉邦
劉邦

「どうして、俺が天下をとれたかわかるか?」

すると、「王綾」というものが、こう答えました。

「陛下は、口も行儀も悪いです。それに比べれば項羽は、側近に対して情が深かった。でも、項羽は、ケチで、功績のある人につらく当り、賢い者に疑いの目を向けました。陛下は、功績あったものを評価され、土地や城を惜しみなく与えました。」
劉邦
劉邦

「おまえは、一を知って、まだ二を知らぬ」

 劉邦は王陵を戒めると、3つのことを論じました。

劉邦が語った3つのコト
  1. 「張良」は優秀な戦略参謀
     謀(はかりごと)を陣営の中でめぐらして勝利を千里の外で決するのでは、俺は「子房」(張良)には及ばない。
  2. 「韓信」は戦場にてその力を発揮する大将軍
     大軍を自在に指揮して、戦えば必ず勝つというのでは、俺は「韓信」には及ばない。
  3. 「簫何」は食糧を送りつづけた名補佐役
     内政を充実させて、人心をまとめ、食糧を戦地に運ぶ道を確保することでは、俺は「簫何」(しょうか)に及ばない。

 劉邦は家来の「張良」「韓信」「簫何」の独自の能力を賞賛し、それぞれの力は「自分より優れている」ことを素直に認めました。そして、こう喝破します。

劉邦
劉邦

「この三人はいずれも、傑物だ。けれども、俺が天下をとったのは、この三人を使いこなすことができたからだ」


劉邦のリーダーシップ

 劉邦は、潔く負けを認めているのですね。「部下たちは自分より優秀だ」と…。でも、「部下にはできなくて自分にはできることがある」と、リーダーに求められる重要な資質である「統率力」について語っているわけです。

 大人気アニメである『ONE PIECE』(尾田栄一郎 集英社)に、この劉邦のエピソードに似た場面があります。

『ONE PIECE 10』  (尾田栄一郎 集英社)
『ONE PIECE 11』
(尾田栄一郎 集英社)

 『ONE PIECE』では、主人公ルフィがリーダーです。その仲間として、「剣豪ゾロ」「航海士ナミ」「料理人サンジ」「嘘つきウソップ」がいます。

 アーロンという怪物との激闘中に、ルフィーは闘いながら、こう叫んでいるのです。

「何もできねェから助けてもらうんだ!!!」
「おれは剣術を使えねェんだ」
「航海術も持ってねぇし!!!」
「料理も作れねェし!!」
「ウソもつけねェ!!」
「おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」

『ONE PIECE』11巻

 ルフィは、剣術や航海や料理など、仲間が持っている技量に負けていることを認めています。部下の方が上だと潔く受け入れています。これは劉邦と同じですね。

 リーダーにとって大切なことは、「部下より優れていること」ではありません。求められている目標を達成したり、ビジョンを実現したりすることですね。そのためにメンバーの力を引き出し統率することです。

 劉邦の語った「天下をとれた理由」は、現代のリーダーたちも心がけたい大切な教えですね。

(文:松山 淳)