あなたの「生まれ持った性格」がわかるMBTI®自己分析メソッドとは

坂本龍馬の名言に学ぶリーダーシップ

坂本龍馬の名言に学ぶリーダーシップ

 

龍馬と信長に共通する名言

織田信長の名言

「大将の胸臆は衆人の知る所にあらず」

『信長をめぐる50人』(粗田浩一 東京堂出版)

 『名将言行録』にある織田信長の言葉です。「胸臆」は「胸の内」という意味です。現代語にするなら、こう表現できます。

「リーダーの胸の内は多くの人にはわからないものだ」

 『名将言行録』は、歴史家の間でその真偽が問われています。本当に信長の言葉かわからず、後世の人が作った可能性もあります。

 ただ、信長はとても口数の少ない男だった言われていますので、それを考えると、天下布武を成し遂げた孤高のリーダー信長らしさを感じます。リーダーには、孤独を友として、孤独に耐えなければならない時期があります。

リーダーシップとは「未来の正しさ」を実現すること

 薩長同盟を導いた坂本龍馬にも似た言葉があります。姉である乙女に送った手紙に記されていたものです。

坂本龍馬の名言

「世の人はわれをなにともゆはゞいへわがなすことはわれのみぞしる」

『坂本龍馬からの手紙』(宮川禎一 教育評論者)

 「高知県立坂本龍馬記念館」のサイトでは、この言葉を「世の人は何とも云えばいえ 我がなすことは我のみぞ知る」と表現しています。もう少し現代風にすれば、こうでしょう。

「世の中の人は好き勝手に言えばいい。
 私が成し遂げようとしていることは、私だけが知っていればいいのだ」

 変革を導くリーダは孤独なものです。組織や社会を変えようとする時に、周囲の人に理解されないことは日常茶飯事で、多くのケース「で抵抗勢力」が現れ反対されます。リーダーが時代の先を行き過ぎると、「あなたの言っていることはおかしい」「変じゃないのか」と足を引っ張られるのです。

 でも、「今の正しさ」ではなく、「未来の正しさ」を実現するのがリーダーシップです。

まっつん
まっつん

 リーダーは、数多くの批判を引き受け、孤独感にさいなまれつつ、「今の正ししい姿」がいずれ通用しなくなることを一歩先に理解し、「未来の正しい姿」のために動き続けます。信長も龍馬もリーダーが味わう「周囲の人間に理解されない苦悩」を言葉にしていたといえます。

 この名言には、龍馬の強い反骨精神と孤独の寂しさがにじみ出ています。龍馬の生まれもった性格もありますが、当時に学んでいた学問も影響していたでしょう。


龍馬は「老子」を学んでいた

 江戸時代、武士の学問は儒学の一派「朱子学」です。儒学は「孔子」を祖とする学問であり、孔子といえば「論語」ですね。

幕末の志士のバイブルは「陽明学」。

 「朱子学」は、林羅山によって江戸幕府の正学とされました。林羅山といえば、家康・秀忠・家光・家綱と、四代の将軍に仕えた「徳川幕府の頭脳」といえる人物です。

 「朱子学」は、侍(サムライ)の模範的生き方を示す「武士道」の基礎をかたちづくりました。そして、この「朱子学」の流れをくんだ「陽明学」が、幕末の志士に大きな影響を与えたのです。

 吉田松陰、西郷隆盛は「陽明学」の教えを信条にしていたといわれます。「陽明学」は、行動主義です。机上の空論を嫌い、行動することを重んじます。ビジネス書にもよく登場する「知行合一」(知識と行動は一体である)は「陽明学」からきたものです。

 知識ばかり詰めこんで、机に座って行動しようとしないリーダーには、「知行合一」という言葉はふさわしくありませんね。

龍馬は「論語」より「老子」が好きだった。

「老子」の自画像
「老子」
Portrait of Lao Zi (Lao Tzu)

 龍馬も朱子学を学んでいたはず…ですが、司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』(文藝春秋)をはじめ、龍馬の関連本をひもとくと、龍馬は朱子学の基本中の基本である『論語』ではなく、『老子(ろうし)を好んでいたという記述を多く目にします。

老子の言葉

「老子」(ろうし)は中国春秋時代の思想家。「老子」といった時、それは人物名であり、彼の思想体系を意味する。春秋時代は紀元前のことで、「老子」が実在したかは定かではない。「老子」に続く「荘子」(そうし)の思想とあわせて「老荘思想」という。中国三大思想は、「仏教」「儒教」「道教」である。老荘思想は「道教」に分類される。

 龍馬は儒学的な形式主義から逸脱する型破りな人間でした。

 「儒学」と対照的なのが「老子」思想です。孔子の『論語』は有名ですが、「老子」と聞いて思い浮かぶ言葉がないかもしれません。でも実は、私たちは「老子」に出てきた言葉をよく知っているのです。

老子とは

「大器晩成」(偉大な人物ほど、大成するのに時間がかかる。大人物は頭角を現すのが遅い)
「和光同塵」(自分の才能をひけらかさず、世俗のなかで目立たず生きること)
「上善若水」(最上の善とは、水のようなものである)

『「タオ=道」の思想』(林田愼之助 講談社)

 これらは皆「老子」にある言葉です。「大器晩成」は、聞いたことありますね。「上善若水」は、日本酒好きの人なら知っていることでしょう。

「老子」は「道(タオ)」「無為自然」

 さて、その「老子」の思想は「道(タオ)」「無為自然」という2つがキーワードです。

 「為すを無くして、自(おのず)ら然(しか)り」

 この世には、自然とそうなる大きなはたらき「道(タオ)」がある。この「道」の力にまかせ、抗わず、悠然とあるがままに生きていく。

 これが「道」(タオ)に従った「無為自然」の教えであり、老子思想の根幹にある考え方です。武士道の基礎となった「朱子学」が、人の生きる道を諭す愛ある厳しい教えであるの対して、「老子」は、ゆったりとしていて、包容力を感じさせてくれる思想です。

坂本龍馬のペンネームは「自然堂

 龍馬が書いた手紙には「自然堂」と書かれてあります。「自然堂」は「雅号」ですね。雅号とは今でいう「ペンネーム」みたいなものです。このことは、大正時代に編纂された『坂本龍馬関係文書』の序文で指摘されています。

「先生は平生、老子を耽讀したとのことでありますが、其飄逸虚無の趣は、これによりて得たものと思はれます、=先生の『自然堂』の號はこゝに胚胎すると聞いて居る」

『坂本龍馬関係文書(一)』(日本史書籍協会 北泉社)

 『坂本龍馬関係文書』は、龍馬と同じ土佐出身の歴史家「岩崎鏡川」が記した書で、冒頭の「先生」とは龍馬のことです。「號」は「号」であり、「雅号」(ペンネーム)のことです。上の一文を現代風に意訳すれば、こんな感じでしょう。

「坂本先生は、日頃、「老子」をよく読んでいたとのことですが、その飄々(ひょうひょう)としていて孤独でも平気な様子は、老子の教えから学びとったものだと思います。坂本先生の「自然堂」というペンネームは「老子」からとったものだと聞いています。」

 ちなみに、龍馬と妻「おりょう」が下関で暮らした家も「自然堂」という名でした。「自然」とは老子思想の中核にある考えですから、龍馬が強く「老子」に影響を受けていたことがわかります。

1 2 3 4